閲覧者にとって見やすいものであることが大切

14.09.14 / 未分類 / Author: / コメントは受け付けていません。

初期費用無料のホームページ制作会社はこちら
ホームページはとにかく見やすいものであることが肝心です。情報が充実していてもギミックが凝っていても、全ては閲覧しやすいものでなければ意味がありません。
一番伝えたい情報は、ホームページにアクセスして直ぐ、一目見てわかるようにしましょう。理解するという行程も必要でなく、目に入ってきた時点で把握することができるようにするのが理想です。ですから情報はわかりやすく、それから見やすくすることが大切なのです。
トップページは派手にして印象深くするという方法はありますが、あくまで閲覧の妨げにならない範囲で行ってください。カラフルすぎて文字が読みにくかったり、演出過多で重くなるというのは言語道断です。知って欲しい内容を知ってもらう前に、プラウザバックされては意味が無いのです。
まずはシンプルなページを目指して作成してみるといいでしょう。シンプルにしようとしても、自然と情報量は多くなっていってしまうものです。最低限の文字数でいかに内容を表現できるのか、できるだけ詰め込まないということを念頭において、作業してみてください。

1番見て欲しいことが何なのかを考えながらホームページを作成する

05.09.14 / 未分類 / Author: / コメントは受け付けていません。

 ホームページ作成をするときのポイントとして誰もが心得ておきたいのは、そのホームページの中で何を見て欲しいのか?という部分を明確にするということです。

 ホームページというのは情報量が多ければ多いほど閲覧した人から好まれるというわけでは決してありません。ではどんなホームページが好まれるのかというと、それは閲覧した人が役に立った、ためになった、おもしろかったと思えるようなホームページです。

 そんなホームページは、見て欲しいポイントがはっきりしていますので、閲覧した人が自分にとって必要な内容なのかどうかということを、瞬時に判断することができ、同時にそれはホームページ全体の見易さへとつながていきます。

 どんなに情報量が多くても見るべきポイントが定まっていないホームページは閲覧した人からはあまり好まれませんので、そうなってしまわないようにしっかりとホームページで1番見て欲しいことは何なのか?ということを考えながら作成するべきです。

ITのニュースはわかれど、実技がわからぬ

02.09.14 / 未分類 / Author: / コメントは受け付けていません。

ITの全般的なニュースを読むということは独学でもできます。IP.v6に移行といったことは、ITのニュースサイトを見ればかんたんにわかります。また、ITパスポートや基本情報処理技術者の試験勉強に関しても、独学でできると考えています。全問マークシートで、テキストと問題集さえあれば、コツコツインプットアウトプットで知識を磨けます。

しかし、プログラムの実技、それからホームページ作成に関していえば、独学では無理です。これは一人でやれるものではないと考えています。いきなりJava Scriptとでてきても、意味がわかりません。どう動くのか、プログラミングの要素が含まれるととたんに難易度が高くなります。

アイコンの作成、デザインの素養やデザインソフトの習熟が欠かせません。お金もかかります。それを一人で揃えてやっていくのは、負担が大きくなります。結局、完成しないまま年月が過ぎていくことになります。なるべく実技の部分はスクール通いをおすすめしています。